コマツ、バッテリ式フォークリフトが走行できなくなる恐れ リコール

テクノロジー レスポンス

コマツは8月7日、バッテリ式フォークリフト「FB09H」など13車種のアクセルペダルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「FB09H」、「FB10」、「FB14」、「FB15」、「FB15HB」、「FB18」、「FB18HB」、「FB20A」、「FB20AHB」、「FB09ML」、「FB10ML」、「FB13ML」、「FB15ML」の13車種で2018年6月7日から2019年4月22日までに製造された199台。

アクセルペダルにて、アクセル開度センサ内部の磁石をセンサに固定する接着剤に異材を使用したため、接着力が弱く、アクセルペダルの操作を繰り返し行うと磁石が剥がれるものがある。そのため、そのまま使用を続けると内部で磁石が動き、アクセルペダル出力が正しく出力されず、車両が走行しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、アクセルペダルを良品に交換する。

不具合は2件発生。事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ