パイオニア、「ビークルアシスト」など紹介へ ロジスティックスソリューションフェア2019

業界 レスポンス

パイオニアは、8月27、28日に東京ビッグサイトで開催される「ロジスティクスソリューションフェア2019」にクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」などを紹介すると発表した。

今回、同社製のカーナビゲーション、通信ドライブレコーダーの通信回線を使って送信される高精度の車両位置情報や、走行データを基に、リアルタイムな車両位置把握や、訪問コース・業務内容を指示できる運行管理・支援サービス「ビークルアシスト」を展示する。手軽に導入できる「パッケージサービス」や、配車計画・倉庫管理などのクラウドサービスと連携できる「Web APIサービス」を紹介する。

イージスワン社の運送事業者向け基幹システム「AEGISAPP運送業2」も紹介する。配車計画、動態管理、運転日報自動作成、取引先ごとの運賃自動計算と請求書作成が可能な運送事業者向けクラウドサービスで、パイオニア製業務用カーナビゲーションを端末として活用し、ビークルアシストAPI経由で動態情報を取得する。休憩時間の情報を取得・計算し、運転が連続4時間を超えるとアラートで自動警告するなど、手作業で行っていた業務をIT化して生産性向上が図れる。

ドコマップジャパンの運送業に特化した車両の位置情報管理システム「DoCoMAP」をベースに開発した車両動態管理システムや、通信回線でサーバーと接続する運行管理するトワードの運行管理プラットフォーム「Dac-SAM/tr」など、パイオニアのドライブレコーダーを活用したシステムも展示する。

ロジスティクスソリューションフェア2019はロジスティクスの高度化・効率化に関連する製品、サービスなどを広く情報発信し、産業界が抱える課題を解決するための展示会。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ