【F1 イタリアGP】フリー走行2回目は前戦で初優勝を飾ったルクレールがトップタイム

モータースポーツ レスポンス

F1第14戦イタリアGPが6日、モンツァサーキットで開幕。金曜日のフリー走行2回目は前戦でキャリア初優勝を飾ったシャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムをマークした。

セッション開始直後にルイス・ハミルトン(メルセデス)が1分21秒972のトップタイムをマーク。しかし20分を経過したところで、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が1秒近く縮める1分20秒978を記録してトップに浮上した。それに他のドライバーも続き、30分が経過した時点では2番手にチームメイトのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、4番手アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)となり、ハミルトンは5番手まで後退していた。

その後、雨が強くなり全車ピットイン。コース上に砂利が出ていたこともあり、レッドフラッグが提示されてセッションは中断された。ちょうど半分の残り45分でセッションは再開され各車一斉にコースイン。徐々に路面が乾き始め、ここでメルセデスの2人が隊列を組んで走行して自己ベストを更新し、ハミルトンは2番手に、6番手だったバルテリ・ボッタス(メルセデス)は4番手に上がってきた。その後、タイムを更新するものは現れず、前戦でキャリア初優勝を飾ったルクレールがトップでフリー走行2回目が終了した。

2番手ハミルトン、3番手ベッテル、4番手ボッタスと、フェラーリとメルセデスがトップ4を分け合い、5-6番手にフェルスタッペンとアルボンのレッドブル・ホンダ勢が続いた。そしてピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)がアルボンに続く7番手、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)が10番手と、ホンダのパワーユニット搭載マシン4台すべてがトップ10で初日を終えた。

F1イタリアGP フリー走行2回目結果

1. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分20秒978

2. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分21秒046

3. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分21秒179

4. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分21秒347

5. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)/1分21秒350

6. アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)/1分21秒589

7. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/1分22秒124

8. ロマン・グロージャン(ハース)/1分22秒153

9. ダニエル・リカルド(ルノー)/1分22秒249

10. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)/1分22秒260

11. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分22秒338

12. カルロス・サインツ(マクラーレン)/1分22秒482

13. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分22秒511

14. キミ・ライコネン(アルファロメオ)/1分22秒523

15. ランス・ストロール(レーシングポイント)/1分22秒706

16. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)/1分22秒882

17. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)/1分23秒065

18. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分23秒561

19. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)/1分23秒737

20. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)/1分24秒313

  • 藤木充啓
  • F1イタリアGP(c) Getty Images
  • F1イタリアGP(c) Getty Images
  • F1イタリアGP(c) Getty Images
  • F1イタリアGP(c) Getty Images
  • F1イタリアGP(c) Getty Images
  • F1イタリアGP(c) Getty Images
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ