ジョルダン、バスロケーションシステムにバス接近情報を提供開始 2020年春より

テクノロジー レスポンス

ジョルダンは、「ジョルダンスタイル バスロケーションシステム」に同社が運営する乗換案内サービスとリアルタイムに連携する機能を搭載し、2020年春より乗換案内サービスでバス接近情報の提供を開始する。

ジョルダンスタイル バスロケーションシステムは、GPSの位置情報や系統別の経路情報に基づき、バスの運行情報を管理し、遅延や乗り継ぎを考慮した経路検索サービスを提供するシステムだ。独自開発した専用車載器をバスの車体に取り付けるだけで運用でき、ファームウェアの更新やメンテナンス、端末稼働状況の監視等は、すべてジョルダンが一括で運営、管理。またAIを搭載し、収集されたデータを解析することで、バス停到達予想、渋滞予測、遅延を考慮したバス乗換検索等も提供できる。ジョルダンでは、2018年より同システムの販売を開始し、箱根登山バスなど、複数のバス事業者に同サービスを提供してきた。

2020年春からは、ジョルダンスタイル バスロケーションシステムで収集するバスの運行情報やそれをAIで解析したデータを、同社が運営する乗換案内サービスに連携する機能を搭載。これにより、バス接近情報の案内、バス停到達予想、遅延を考慮したバス乗換検索等、利用者のニーズに応じたサービスを乗換案内にて新たに提供することが可能になる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ