三菱 ミニキャブ トラック、一部グレードで予防安全技術を機能強化

新車 レスポンス

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブ トラック』の一部グレードで予防安全技術「e-Assist」の機能を強化し、9月24日から販売を開始する。

今回の一部改良では、「G」グレードで予防安全技術「e-Assist」の機能を強化。従来装備の誤発進抑制機能や後方誤発進抑制機能に加え、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM] ステレオカメラタイプ、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを新規追加。サポカーSワイドに該当させた。なお、誤発進抑制機能は、前方の障害物の検知方式を、従来の超音波センサーからステレオカメラへ変更した。

また、「G」グレードにスタビリティコントロール機能とトラクションコントロール機能を持つASCを採用し、安定した走行をサポート。「G」グレード(3A/T)にはヒルスタートアシストを採用し、坂道でブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える時にブレーキを最大約2秒間キープし車両の後退を一時的に抑える。

ボディカラーはシルキーシルバーメタリックを新たに設定し全2色とした。価格は87万1020円から131万5440円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ