ダットソンやシルビア、スカイラインの展示も…日産本社ギャラリーに「歴史ゾーン」

業界 レスポンス

今年で10周年を迎える日産本社グローバルギャラリー(横浜市西区)に、“ヘリテージ(歴史)”をテーマにした新たな展示エリア「ヘリテージゾーン」がオープンした。

このヘリテージゾーンでは、日産の歴史を鑑賞できるだけでなく、創業以来培われてきた日産のDNAを分かりやすく伝えることを目的としている。主に6つのコーナーから成っており、歴代の車両コレクションが定期的に入れ替わる「ヘリテージカー展示」コーナー、220インチもの巨大な壁面LEDスクリーンで貴重な映像や展示資料の解説を行う「220インチ壁面LEDスクリーン」、時代時代のテーマや切り口をストーリー形式で紹介する「コンテンツショーケース」、歴代の自動車雑誌や書籍を自由に閲覧可能な「ライブラリー」、100台以上のミニカーが飾られている「モデルカーウォール」、そして名車のディティールを美しく切り取ったという「アートウォール/グラフィックウォール」といった、様々な角度から日産の“ヘリテージ”を追うことができる。

オープン初日である9月27日にはオープンセレモニーも行われ、日産副社長・星野朝子氏、元日産のレーシングドライバー・長谷見昌弘氏と元NISMOチーム総監督・柿元邦彦氏らも登壇した。ダットサン14型・シルビア、プリンス・スカイラインといった名車が並ぶ中、登壇者らは日産の歴史や、モータースポーツの思い出などをトーク。星野氏はこのヘリテージゾーンについて「日産のDNAをくつろぎながら楽しめる、小さなミュージアムにしたい」と語った。

また、長谷見氏、柿元氏は今後の日産に期待することは何かと聞かれると、「ヘリテージの歴史はモータースポーツの歴史と密接に関わっている。これからもヘリテージカーやレーシングカー、そしてモータースポーツを大事にしてほしい」といったコメントを残した。

なお、今回のヘリテージゾーン新設に伴い、グローバルギャラリーでは9月30日までの期間限定でヘリテージカーをフィーチャーした「NISSAN HERITAGE WEEKEND MUSEUM」を開催する。過去最大規模となる19台のヘリテージカーを展示するほか、28日・29日はヘリテージカーガイドツアーや乗り込み撮影、デモンストレーション走行といったイベントも行われる。

  • 二城利月
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
  • 日産本社グローバルギャラリー「ヘリテージゾーン」《撮影  二城利月》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ