東海理化、クルマと対話できる「将来コックピット」など展示予定…東京モーターショー2019

新車 レスポンス

東海理化は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展する。

東海理化は「人の移動をもっと豊かにする。」をテーマに、多様なサービス、価値観が混ざり合うMaaS時代の将来像を示唆した将来コックピットを中心に、同社主要3領域(HMI、セキュリティ、セイフティ)における東海理化製品の入力の多様化・コネクティッド・高度安全支援に対応した最新技術を紹介する。

メイン展示となる将来コックピットモック(体験型)は、「五感で伝える/伝わる」UX(User Experience)を基軸にクルマと対話ができるインタフェースを表現。また、様々なドライブシーンで快適な操作を実現する「アームレスト一体タッチパッド」や、モータを使うことで装着感を高めた「コンフォート&セイフティシートベルト」、スマホキーに認証技術を組み合わせた「次世代ドアエントリー向け画像認識システム」を展示する。

そのほか、トヨタ『e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)』に搭載された「自動運転車両向け統合電子ミラーシステム」や、ユーザータイプ別の表示画面と振動フィードバックで使いやすい操作を実現する「ステアリングタッチコントローラ」などを紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ