日本特殊陶業、電動車向け次世代バッテリーなど出展予定…東京モーターショー2019

エコカー レスポンス

日本特殊陶業(ニットク)は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展する。

ニットクのブーステーマは「未来を見つめたMOVE POWER」。「現在のクルマ」の高効率化およびエミッション低減に貢献するスパークプラグや各種センサに加え、長年の歴史で培ったセラミックス技術を活用し「未来のクルマ」で活躍が期待されるニットクの製品を展示。さらに高さ4メートル、幅11.5メートルの大型LEDスクリーンを配置し、同社の高い技術力と製品を映像でわかりやすく紹介する。

現在のクルマに貢献する製品では、燃費や環境性能の向上に貢献するスパークプラグやグロープラグ、酸素センサなどを中心に展示。その特徴や性能をわかりやすく伝える。

未来のクルマでの活躍が期待される製品では、従来のリチウムイオンバッテリーに代わり、大容量/高エネルギー密度を可能とする、電動車向け次世代バッテリー「全固体電池」を展示。また、完全自動運転や高度道路交通システムといった大容量通信社会での活躍が期待される「高周波用途多層LTCC」など、未来を見据えた最新技術を紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • NGKスパークプラグ(イメージ)《画像:日本特殊陶業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ