【東京モーターショー2019】ドローン500機が夜空を彩る 10月24-27日

新車 レスポンス

日本自動車工業会は、「第46回東京モーターショー2019」における新たな試みとして、10月24〜27日の4日間限定で、東京モーターショー初となる夜空のスペクタクルショー「FUTURE DRONE ENTERTAINMENT ”CONTACT”」を開催する。

FUTURE DRONE ENTERTAINMENT ”CONTACT”は、合計500機のインテル Shooting Star ドローンが、3Dサウンド、レーザー、ライティングなどとシンクロし、夢の大橋上空を乱舞する、没入型の夜空のスペクタクルショーだ。

インテルシューティングスタードローンは、インテルが開発したエンタメ専用ドローンだ。1人で数百ものドローンをコントロールでき、40億ものカラーコンビネーションを実現。インテルでは、このシューティングスター ドローン使ったエンターテインメント「ライト・ショー」は世界各地で開催されている。

FUTURE DRONE ENTERTAINMENT ”CONTACT”は、ドローンを活用した「未来のモビリティ・エンターテインメント」の提案として、今回の東京モーターショーのコンセプト「OPEN FUTURE」を象徴的に表現した新しい体験型のナイトショー。総合演出は、ダンスミュージックフェス「ULTRA JAPAN」、未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」などを手掛けてきたクリエイティブディレクター小橋賢児氏が担当する。

500機のインテルシューティングスタードローンが最先端の3Dサウンドとシンクロし、 お台場上空を乱舞。世界最先端のテクノロジーと日本演出チームとの共作により、壮大なスケール感のエンターテインメントショーを創り出す。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ