イード、「フランクフルトモータショー2019」調査レポートを発表 本格化するEVの動向など解説

業界 レスポンス

イードは、9月12日から22日にドイツで開催された「フランクフルトモータショー2019」の調査レポートを発表した。

イードでは、CESや各国モータショーをはじめとする海外の自動車・IT系展示会に赴き、現地で取材、調査、傾向分析を実施。CASEやMaaS目線の調査レポートとして販売を行っている。

フランクフルトモータショーは、世界5大モーターショーのひとつで、近年はモビリティの未来に関連する展示にも注力している。今年度のレポートでは、「各社から本気のEVが投入」「中国勢の進出」「最新のHMI動向」をトピックスとして意識調査を実施。今後の商品開発や商品企画の参考となる内容となっている。

今回のフランクフルトモータショーでは、最新EVとして、VW『ID.3』、メルセデス・ベンツ『Vision EQS』、ホンダ『e』が登場した。注目すべきはいずれもEV専用プラットフォームを採用している点。これまでのEVは、メルセデス・ベンツ『EQC』であれば『GLC』、VW『e-ゴルフ』であれば『ゴルフ』など、ガソリン車のプラットフォームを採用してきたが、今回はすべてが専用プラットフォーム。EVに対する各社の本気度が伺える。

また今回のモーターショーでは、BYTON、長城汽車系のWEY、第一汽車系の紅旗が参戦。今まで日本が占有しいてたホールは、トヨタなどが出展をやめ、中国勢が進出、アジアホールというべき状態になっていた。紅旗を除いては欧州への進出予定があり、その前哨とも見て取れる。今回は出展していなかったが、吉利汽車とボルボが共同出資した「Lynk &Co」も欧州進出を予定。今後も中国勢の動向から目が離せない。

HMIの動向については、近年、自動運転時代のコンテンツを想定し、ディスプレイの大型化が進んでいる。それに伴い、各メーカーでは多くの機能を操るために、音声コンパニオンを続々と導入。メルセデス・ベンツの「HIメルセデス」に続き、今回のモーターショーではホンダ eの「OK!ホンダ」、VW ID.3の「ハロー、ID」も登場。音声コンパニオンの導入は、目新しいことではないが、コンパニオンに呼称をつけ、キャラクターとしての愛着を湧かせるような傾向が見えてきた。

イードが販売する海外展示会レポートは、30〜50ページの展示会調査レポートと15分〜30分の動画レポート、さらに実際に現地を訪問したレポーターによるプライベートセミナーのセットで構成。料金プラン(税別)は50万円、10本パックが450万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • BYTON最初の生産モデル「M-BYTE」《画像:イード》
  • VW ID.3はタブレット風IVIを搭載《画像:イード》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ