アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュ、2020年4月合併へ

業界 レスポンス

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは10月31日、両社が経営統合することで基本合意したと発表した。

自動車業界では、CASEの急速な進展や異業種の参入など、100年に一度と言われる大変革期を迎えている。この時代を生き抜くためには、さらなる競争力強化が必要であり、アイシングループでは2017年4月から、グループ内の連携強化と経営の効率化を狙い、バーチャルカンパニー制を導入して改革を進めてきた。

導入から2年半、会社をまたいだ事業領域での連携や管理機能の集約が進んだが、外部環境の変化も加速。今回、アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは、さらに構造改革を進めるため、両社対等の精神で合併することを決定した。

合併は、アイシン・エィ・ダブリュがトヨタ自動車の保有する株式全数を自己株式取得した後、アイシン精機を存続会社として2020年4月に合併する予定。すでにトヨタからは、今回株式を譲渡することで基本的に合意を得ている。

両社は、合併で生まれる新会社で重点領域へのリソーセスシフトをさらに加速し、事業・管理両面でのシナジー効果の創出を通じて、CASE領域における競争力強化をめざしていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ