事故相手が外国人でも安心、外国語サービスを提供 ソニー損保

業界 レスポンス

ソニー損害保険は、11月5日から自動車保険の事故対応サービスで日本語以外の18言語でも対応する「外国語事故対応サービス」を開始すると発表した。

ロードサービスの手配や医療保険・火災保険の保険金請求手続などについても同様に、外国語に対応する。

訪日外国人観光客数の増加に伴って、外国人が関係する交通事故件数も増加している。こうした中、事故の相手が外国語での対応を希望するケースが今後増えていくことも予想される。

今回開始した「外国語事故対応サービス」をはじめとする外国語通訳サービスは、事故相手を含めて外国語対応が必要な契約者に対して、日本語での対応時と同等のサービスを提供するため、同社が委託する通訳会社を介して担当者とリアルタイムにコミュニケーションを図れるようにする。

具体的には外国語を話す事故の相手方、同社担当者、通訳会社のオペレーターの三者が電話回線を同時接続することで、オペレーターを介し、相手方と同社担当者がリアルタイムにコミュニケーションが図れるようにする。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ