カルマ、EVロードスターの進化形を提案へ…ロサンゼルスモーターショー2019

エコカー レスポンス

カルマオートモーティブは、11月19日に米国で開催するロサンゼルスモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、コンセプトカーの『カルマ SC2』(Karma SC2)を初公開すると発表した。

カルマオートモーティブは、プラグインハイブリッド(PHV)の4ドアスポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブの破産後の資産を買収する形で、2014年に米国カリフォルニア州に設立された。現在、カルマ後継車の『カルマ・レヴェーロ』を生産・販売している。

カルマオートモーティブは、ロサンゼルスモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、コンセプトカーのカルマ SC2を初公開する予定だ。

カルマ SC2は、2019年春に発表されたゼロエミッションのEVロードスター、『カルマ SC1 ビジョンコンセプト』の進化版になる。ブランドの将来のデザインの方向性とテクノロジーを、反映させるという。

なお、カルマオートモーティブは、カルマ SC2のティザーイメージを1点、配信している。

  • 森脇稔
  • カルマオートモーティブのカルマ SC1 ビジョンコンセプト(参考画像)《photo by Karma Automotive》
  • カルマオートモーティブのカルマ SC1 ビジョンコンセプト(参考画像)《photo by Karma Automotive》
  • カルマオートモーティブのカルマ SC1 ビジョンコンセプト(参考画像)《photo by Karma Automotive》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ