マツダ3、SKYACTIV-X搭載車を12月5日に発売…ガソリンの圧縮着火を世界初の実用化

新車 レスポンス

マツダは、ガソリン混合気をピストンの圧縮によって自己着火させる「圧縮着火」を世界で初めて実用化した新世代エンジン「SKYACTIV-X」を搭載する『マツダ3』を12月5日より発売する。

SKYACTIV-Xは、優れた環境性能と出力・動力性能を両立。圧縮着火によるエンジンレスポンスの良さとエア供給機能を活用し、現行「SKYACTIV-G」に比べて全域で10%以上、最大30%におよぶ大幅なトルク向上を実現。またスーパーリーン燃焼によって、エンジン単体の燃費率は現行SKYACTIV-Gと比べて最大で20〜30%程度改善する。

また、マイルドハイブリッドシステム「Mハイブリッド」や高剛性駆動力伝達システムの採用により、滑らかで気持ちの良い走りと、効率的な燃料消費をサポート。エンジンを吸音材で囲む(カプセル化)ことにより、静粛かつクリアで気持ちの良いサウンド伝達を実現する。

今回マツダ3に搭載するSKYACTIV-Xは2.0リットル直列4気筒エンジンで、最高出力180ps、最大トルク224Nmを発生する。

グレード展開は「Xプロアクティブ」「Xプロアクティブ ツーリングセレクション」「X Lパッケージ」「Xバーガンディセレクション(ファストバックのみ)」の4種類。価格は319万8148円から368万8463円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ3 ファストバック XLパッケージ 2WD(FF)《画像:マツダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ