モリタ プレス式塵芥収集車、JIDAデザインミュージアムセレクションに選定

モータースポーツ レスポンス

モリタは12月4日、同社が開発した「プレス式塵芥収集車 プレスマスターPB7型」が「JIDA デザインミュージアムセレクション vol.21」に選定されたと発表した。

プレスマスター PB7型は、安全性の改善、ゴミ収集の効率化と負担軽減を目指したプレス式塵芥収集車だ。同社独自のハイマウントリアパネルにランプやディスプレイを集約し、後方からの視認性を向上。ボディはクラス最大8.2立方米で高圧縮積込みに耐える頑強な構造だ。また、片手で開閉可能な後面扉と低い投入口は、収集作業時の負担を軽減。信頼感のある力強い機能的造形で働くクルマのカッコよさを追求するとともに景観と共生するクルマを目指した。

JIDA(日本インダストリアルデザイナー協会)デザインミュージアムセレクションは、「美しく豊かな生活を目指して」をテーマに、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を選定し表彰するとともに、その製品を収集保管して次世代に伝え、教育、産業、生活へ文化的貢献を行うことを目的に開催。2019年度は、JIDA会員から推薦された163点の中から54点が選出された。

2020年1月9日から14日にAXISギャラリー(東京都港区)にてセレクション展が開催され、同社はプレスマスター PB7型のパネルを展示する。その後は、次世代に継承される文化遺産としてJIDAデザインミュージアムに収蔵される。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • プレス式塵芥収集車 プレスマスターPB7型《画像:モリタホールディングス》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ