マツダ SKYACTIV-X、ステンレス協会賞最優秀賞を初受賞

テクノロジー レスポンス

マツダのSKYACTIV-Xエンジン用エキゾーストマニフォールドと触媒コンバータが、第18回ステンレス協会賞にて、「最優秀賞兼ステンレス協会創立60周年記念賞」を受賞した。マツダがステンレス協会賞を受賞するのは、今回が初めてとなる。

ステンレス協会賞は、建築・土木部材、製品、機能性部材、モニュメント等、社会に幅広く活用されているステンレス製品のうち、社会環境との調和や新たな文化の創出に寄与し、優れた機能性・意匠性・独自性等を有するものを表彰する制度。今回の表彰では、ステンレス協会創立60周年を記念して、「60周年記念賞」も授与された。

今回の受賞では、世界初の火花点火制御圧縮着火(SPCCI)を採用したSKYACTIV-Xエンジンの排気系システムに、ステンレス鋼を効果的に用いることで、排気マニフォールド保温による触媒での排ガス浄化性能の向上とNVH(騒音・振動・ハーシュネス)性能改善を実現したことが高く評価された。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ