VW シャラン など、2000台をリコール エアバッグが誤作動するおそれ

テクノロジー レスポンス

フォルクスワーゲングループジャパンは12月12日、『シャラン』など4車種について、エアバッグコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『シャラン1.4 110kW』『ティグアン2.0T』『ティグアン1.4』『CC 1.8T』の4車種で、2015年6月20日から2016年2月9日に輸入された2011台。

対象車両はエアバッグコントロールユニットにおいて、電源用コンデンサのコーティング硬化工程が不適切なため、電源用コンデンサの耐久性が低いものがある。そのため、コンデンサが劣化するとコントロールユニットが誤作動し、最悪の場合、エアバッグおよびシートベルトテンショナが突然作動する、または衝突時に作動しないおそれがある。

改善措置として、全車両、エアバッグコントロールユニットのプログラムを書換える。プログラム書換え後に警告灯が点灯し、特定の故障コードが入力された場合は、コントロールユニットを無償交換する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《画像:国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ