アイシン、最新技術搭載のコンセプトカー「i-mobility TYPE-C 20」世界初公開へ…CES 2020

テクノロジー レスポンス

アイシングループは、2020年1月7日から10日までの4日間、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES 2020」にて、CASEに関する最新技術を搭載した「i-mobility TYPE-C 20」を世界初公開する。

i-mobility TYPE-C 20は「"いつでも、どこでも、だれでも"自由に移動ができる」をテーマとしたコンセプトカー。自動運転車からの乗り降りなど、MaaS社会で起きうる様々な課題を解決するアイシングループの技術として、センサーが車内外周辺の障害物や乗員をモニタリングし、安全で快適な移動を提供する技術・製品を紹介する。

さらに、駆動モジュール「eAxle」などの電気自動車(EV)向けの製品をはじめ、床下のバッテリー収納スペースと床上の室内スペースを最大限に活用できる「電動薄型スロープ」や、「ロアレールレスパワースライドドア」など、EVに最適化した車体部品も紹介する。

また、アイシングループの幅広い自動車部品が扱う様々なデータを活用してサービスを提供する「位置情報活用サービスプラットフォーム」を紹介。アイシングループのコネクティッド技術、センサー情報分析技術にて車両のデータを収集し、得られたデータを解析して、カーナビ技術をベースにした「物流支援システム」や、アクチュエーターからデータを吸い上げて路面状態を推定する「アクチュエーター情報活用技術」など、各種サービスを提供するまでの流れを体験してもらう。

そのほか、パーソナルモビリティ「ILY-Ai」や、アイシングループが新製品・新ビジネスの開発や投資活動で連携するスタートアップ関連企業との取り組みを紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ