スポーツカーの英ロータス、自転車を共同開発…東京2020オリンピック出場目指す

モータースポーツ レスポンス

ロータスカーズを擁するグループロータス傘下のロータスエンジニアリング(Lotus Engineering)は、トラックレース用自転車を共同開発した。東京2020オリンピック出場を目指す、としている。

ロータスエンジニアリングは、自転車部品メーカーのホープテクノロジー社と提携を結び、自転車事業に25年ぶりに進出した。ホープテクノロジー社は、英国に本拠を置く自転車部品メーカーだ。ランカシャーの本社で30年にわたって、自転車向けコンポーネントの設計、生産、テストを行ってきた。

1990年代、ロータスはトラックレース用自転車、ロータス「タイプ108」を開発。1992年のバルセロナ・オリンピックにおいて、英国のクリス・ボードマン選手が4km個人追い抜き決勝において、金メダルを獲得した。また、クリス・ボードマン選手は、1994年のツール・ド・フランスに出走。初出場でありながら、プロローグタイムトライアルにおいて、ステージ優勝を成し遂げている。

ロータスエンジニアリングは、ホープテクノロジー社と提携を結び、自転車事業に25年ぶりに進出した。両社は研究開発、データ分析、ノウハウ共有などの共同プログラムに取り組み、軽量で空力性能に優れ、高度な素材を使用した新世代の自転車をデザインした。

共同開発されたトラックレース用自転車は、ロータスエンジニアリングが、フロントフォークとハンドルバーを手がけた。ホープテクノロジー社は、フレームを開発した。両社は、東京2020オリンピック出場を目指す、としている。

  • 森脇稔
  • ロータスが共同開発したトラックレース用自転車《photo by Lotus Engineering》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ