交通事故死者数、3215人で3年連続最低記録を更新 2019年

社会 レスポンス

警察庁が1月6日に発表した2019年の交通事故死者数は、前年比317人マイナスと3215人となり、1948年の統計開始以来、3年連続で最少記録を更新した。

人口10万人当たりの死者数は前年より0.25人マイナスの2.79人となった。

都道府県別の交通事故死者数では、16年連続ワースト1位だった愛知が156人でワースト2位に改善。ワースト1位は千葉で172人だった。ワースト3位は北海道。人口10万人当たりの死者数ワースト1位は徳島で5.57人だった。

65歳以上の高齢者の死者数は前年より184人減って1782人で、全体の55.4%と依然として半数以上を占めた。

国家公安委員会では「子供をはじめとする歩行者の安全の確保や高齢運転者の安全運転の励行を重点として、各界各層と連携しながら、交通安全教育、交通指導取締り、交通安全施設等の整備、先端技術の普及活用などの対策を着実に推進するよう、警察を指導する」としている。

  • レスポンス編集部
  • 交通事故死者数の推移
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ