事故対応に翻訳サービス 三井住友海上火災保険が開始

業界 レスポンス

三井住友海上火災保険は1月9日、1月から事故対応に翻訳サービスの提供を開始したと発表した。

翻訳サービスは、交通事故などに遭った外国語を話す契約客を対象に、同社担当者とのメールや手紙のやり取りを翻訳するサービス。契約者と担当者間で円滑なコミュニケーションが図れる。サービスは全12カ国語に対応しており、幅広い顧客に対して事故対応の充実を図る。

対応する言語は英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、タガログ語、ネパール語、ベトナム語、インドネシア語、ロシア語、ヒンディー語。

サービスは、提携会社を通じて外国語を話す契約客、事故の相手と同社担当者間でのメールや手紙の内容を翻訳し、迅速、円滑なやりとりを可能にするとしている。

訪日外国人は依然として増加しており、これに伴って外国語しか話せない人が事故に遭遇するケースも増えていることから翻訳サービスを提供する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ