地元の風土で上質なくつろぎを「Casa Home Style Edition」…ジャパンキャンピングカーショー2020

新車 レスポンス

バンコンバージョンタイプのキャンピングカービルダーとして多くのファンがいるトイファクトリー。ジャパンキャンピングカーショー2020にはトヨタ『グランエース』ベースのコンセプトモデルを出展し、話題豊富だ。

今回の一押しは「Casa Home Style Edition」だ。ベース車両はトヨタ『ハイエース』。「Casa」はイタリア語で「家」を表す。そんなくつろぎを作り上げているのは、トイファクトリーの地元(岐阜県可児市)で産出する素材や地域の伝統技術だ。

シートファブリックには風合いの良い尾州織物を採用。自動車基準の難燃性・耐摩耗性・耐光堅牢度テストなども実施しての採用となった。床材には東濃地方のヒノキ材を用いた。寺社仏閣等にも古くから採用されてきた、細かい木目と反りの少ないそ木材である。抗菌・耐久性にも優れているという。さらにギャレーの周りに美濃焼のタイルが彩を添える。窯業が盛んな東濃地方生まれのキャンピングカーであるというアイデンティティだ。

  • 中込健太郎
  • 今回話題の多いToyFactory(トイファクトリー)の展示の中でも一押しだという。《撮影:中込健太郎》
  • 開場には三機種の人気モデルベースの「Casa Home Style Edition」が登場。《撮影:中込健太郎》
  • My Homeへようこそ。という言葉が惹きつける。《撮影:中込健太郎》
  • 木目とグリーンのコントラストは目にも優しい。《撮影:中込健太郎》
  • シート生地やマットレスには尾州織物が採用されている。床材は寺院仏閣などにも用いられるという東濃ヒノキが採用されている、木目が細かく反りにくいのだという。《撮影:中込健太郎》
  • ギャレー周りは美濃焼のタイルがあしらわれる。《撮影:中込健太郎》
  • 基本的なデザインは北欧スタイルを意識しているというが、和の素材感が安らぎをもたらしてくれる。《撮影:中込健太郎》
  • 美濃焼のタイルは3種類から選べるという。《撮影:中込健太郎》
  • 重心も高く、車高も高い。さらに重量も決して軽くはないキャンピングカー、足回りの重要性は乗用車以上だ。《撮影:中込健太郎》
  • 足回りお補強は多岐にわたる。装備などで変わる重量やバランスを考慮してセッティングが可能だ。《撮影:中込健太郎》
  • 止まる!もしかっり補強。キャンピングカーだからこそ重要だ。《撮影:中込健太郎》
  • リーフも専用品に変更することが可能。安心感も乗り心地も格段に良くなるという。《撮影:中込健太郎》
  • メインの通路側にはコースターのキャンピングカーと車中泊仕様のハイエースが展示。《撮影:中込健太郎》
  • こちらは人気DJのカートラアンバサダーでもあるGAKU MCさんのスペシャルモデル。走る寮といった雰囲気の仲間と同じ方向へひた走るmという雰囲気に満ちた一台だ。《撮影:中込健太郎》
  • 埼玉トヨペットとのコラボレーションで生まれたハイエースの車中泊仕様。《撮影:中込健太郎》
  • 普段使いも便利なハイエース。こうしたニーズも少なくないという。《撮影:中込健太郎》
  • もちろん制約も多い中で、最大限に車中泊が楽しめる仕様だ。《撮影:中込健太郎》
  • 話題のグランエースベース。ルーフの部分にも就寝可能だという。《撮影:中込健太郎》
  • コンセプトモデルということで詳細は明らかにされなかったが、とにかく反響は大きかった。《撮影:中込健太郎》
  • 値段発売時期も含めて現在企画開発段階だという。《撮影:中込健太郎》
  • トラベルカーユーザーの人口がさらい増える拍車をかけそうな一台だ。《撮影:中込健太郎》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ