世界基準の走りと日本のギミック、バンテック V670…ジャパンキャンピングカーショー2020

新車 レスポンス

ジャパンキャンピングカーショー2020のVANTECH(バンテック)ブースではフラッグシップ『V670』が展示された。同社が多くベースに採用するトヨタ『カムロード』(キャンピングカー用シャーシ)ではなく、フィアットのバン、『ドゥカト』をベースにしている。

6700mmの全長に合わせて専用シャーシをオーダー。まさにこのクルマの為の専用設計なのだという。「カムロードベースでは数々の提案はしてきました。そのノウハウを生かし、カムロードではなし得なかったものを作っていこう、と」(担当者)。

「ワイドトレッドで走りの良さも格別です。9速のトルクコンバーターを採用し、重量級のキャンピングカーには適しています。そこに私たちが持っているキャブコンづくりのノウハウを盛り込みました」

  • 中込健太郎
  • FIATベースながら当然右ハンドル左エントランス。《撮影:中込健太郎》
  • 外部収納もVANTECHの人気アイテム。ただ、カムロードベースのモデルに比べて奥行きは少なめ。しかしそれはシャーシ幅の広さを物語っている。そしてサイズが小さい分、複数個所用意される。《撮影:中込健太郎》
  • 電子カーテン。旅客機の窓のようなエントランス。外の景気を見たいとき、プライ場s-を守りたいとき。切り替えはスイッチ一つ。《撮影:中込健太郎》
  • タイヤはミシュランAGILIS。もちろんキャンピングカー専用CP規格だ。《撮影:中込健太郎》
  • 家庭用エアコンが標準装備のDUCATOベースキャンパーは少ない。ベッドルームの上にはスターリースカイルーフが。星空を眺めながらの就寝も可能だ。《撮影:中込健太郎》
  • 日本ベッド製マットレス。《撮影:中込健太郎》
  • マルチコントロールパネル。水の残量や、照明のスイッチなどがすべてここから操作できる。《撮影:中込健太郎》
  • 大きなテーブル。乗車定員6名、就寝定員4名だ。《撮影:中込健太郎》
  • 32型テレビがスイッチ一つで格納される。あまり生活感のあるものは表に常設にしないというあたりにも「特別感の演出」が徹底している。《撮影:中込健太郎》
  • ダッシュボード中央にはタブレットホルダーが。ナビはもちろん、アプリをダウンロードすれば、マルチコントロールパネルのように使うこともできる。《撮影:中込健太郎》
  • 十分な装備を無駄なく、余裕をもってレイアウト。日本人が使いやすい仕上がり外相的だ。《撮影:中込健太郎》
  • ベッドの段差を活用して電子レンジも装備。《撮影:中込健太郎》
  • 冷蔵庫は150リットル2ドアのものを採用している。《撮影:中込健太郎》
  • 大きな収納。左右どちらからも開閉アクセスできる。《撮影:中込健太郎》
  • リアビューもVANTECHのモデルだと一目でわかるデザイン。《撮影:中込健太郎》
  • ディーゼル」エンジンは180馬力。キャンピングカーでもたるさは感じさせないという。《撮影:中込健太郎》
  • シンクも蓋つき。ちなみにコンロはない。国内のキャンピングカーユーザーはカセットガスタイプの小型コンロなどを使用するケースが多いという。《撮影:中込健太郎》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ