どれを選ぶ? カスタマイズ ジムニー 一挙公開…大阪オートメッセ2020

新車 レスポンス

大阪オートメッセ2020には大量のスズキ『ジムニー/ジムニーシエラ』が展示された。そこで、このコーナーでは多種多彩なジムニーカスタムを一気見せする。

フェイスやリアまわり、さらには足まわりで個性化を果たせば、自分だけのジムニーが作れる。パーツの数は飛び抜けて多い車両だけに、個性的なモディファイには絶好。

好みの一台を見つけてコンプリートで手に入れるのも、各部のパーツを組み合わせて自分だけのカスタマイズを楽しむのも良いだろう。まずは大阪オートメッセ2020に展示されていたジムニー/シエラの写真をみてカスタムのイマジネーションを盛り上げてみよう。

  • 土田康弘
  • モトレージの制作したジムニーはオリジナルのルーフボックスやスポーツグリルを取り付けたスタイリングが特徴。《PHOTO:土田康弘》
  • フロントスポーツグリル対応LJを装着したモトレージのデモカー。3インチアップのサスキットを組みフォルムを整える。《PHOTO:土田康弘》
  • フロントスポーツグリル対応LJを装着したモトレージのデモカー。3インチアップのサスキットを組みフォルムを整える。《PHOTO:土田康弘》
  • クライムマックスが出展したのはシャープな形状のフロントバンパーとグリルを備えたジムニー。オバフェンを備えたワイドなフォルム。《PHOTO:土田康弘》
  • クライムマックスが出展したのはシャープな形状のフロントバンパーとグリルを備えたジムニー。オバフェンを備えたワイドなフォルム。《PHOTO:土田康弘》
  • フロントにウインチバンパーを備えたマスターピースのジムニー。足まわりにはタフドッグの80mmアップサスペンションを装備。《PHOTO:土田康弘》
  • フロントにウインチバンパーを備えたマスターピースのジムニー。足まわりにはタフドッグの80mmアップサスペンションを装備。《PHOTO:土田康弘》
  • クラシカルなフェイスまわりを作るシーエルリンクのジムニー。オリジナルフロントバンパーアッセンやグリルなどでフェイスチェンジ。《PHOTO:土田康弘》
  • クラシカルなフェイスまわりを作るシーエルリンクのジムニー。オリジナルフロントバンパーアッセンやグリルなどでフェイスチェンジ。《PHOTO:土田康弘》
  • PISTONウィッツのシエラはPISTONワークスBLSTEINの2インチアップキットを組み込んで登場。《PHOTO:土田康弘》
  • PISTONウィッツのシエラはPISTONワークスBLSTEINの2インチアップキットを組み込んで登場。《PHOTO:土田康弘》
  • JIMKEN TACのジムニーはSSグリルやJIMKENフロントバンパーでフェイスチェンジ。2インチアップのサスも組み込む。《PHOTO:土田康弘》
  • JIMKEN TACのジムニーはSSグリルやJIMKENフロントバンパーでフェイスチェンジ。2インチアップのサスも組み込む。《PHOTO:土田康弘》
  • 4WD PROJECTのシエラはDanGan!!レーシンググリルを装備。エアロボンネットやフロントバンパーでもイメージを一新した。《PHOTO:土田康弘》
  • 4WD PROJECTのシエラはDanGan!!レーシンググリルを装備。エアロボンネットやフロントバンパーでもイメージを一新した。《PHOTO:土田康弘》
  • アーネストのジムニーはSOLVEACE60サスペンションキットを装備。タイヤには225.75R16サイズを履きこなす。《PHOTO:土田康弘》
  • アーネストのジムニーはSOLVEACE60サスペンションキットを装備。タイヤには225.75R16サイズを履きこなす。《PHOTO:土田康弘》
  • ハイブリッジファーストのエヌズリミテッド・フィッシングマスターIRONMAN。HAMER4×4IRONのバンパー類を大挙装備した。《PHOTO:土田康弘》
  • ハイブリッジファーストのエヌズリミテッド・フィッシングマスターIRONMAN。HAMER4×4IRONのバンパー類を大挙装備した。《PHOTO:土田康弘》
  • ファイナルビーストのB17クラッシュシエラ。クラッシュバンパータイプ1が印象的。265サイズのタイヤ履きも迫力満点。《PHOTO:土田康弘》
  • ファイナルビーストのB17クラッシュシエラ。クラッシュバンパータイプ1が印象的。265サイズのタイヤ履きも迫力満点。《PHOTO:土田康弘》
  • ファイナルビーストのB17クラッシュターボ。クラッシュバンパータイプIIを用いたオフロードテイスト満点の一台。《PHOTO:土田康弘》
  • ファイナルビーストのB17クラッシュターボ。クラッシュバンパータイプIIを用いたオフロードテイスト満点の一台。《PHOTO:土田康弘》
  • 三木スズキが出展したREDジムニーはダム土星のlittleDエアロキットを用いたディフェンダー風のモディファイモデル。《PHOTO:土田康弘》
  • 三木スズキが出展したREDジムニーはダム土星のlittleDエアロキットを用いたディフェンダー風のモディファイモデル。《PHOTO:土田康弘》
  • MATサービスファクトリーが展示したシエラは前後にカラードバンパーを備え、ダクト付きのオバフェンを備える個性的カスタム。《PHOTO:土田康弘》
  • MATサービスファクトリーが展示したシエラは前後にカラードバンパーを備え、ダクト付きのオバフェンを備える個性的カスタム。《PHOTO:土田康弘》
  • オフロードサービスタニグチが展示したJB64アウトドアVer.。タニグチ製のフロントバンパーに加えショウワガレージのアルミルーフラックを装備した。《PHOTO:土田康弘》
  • オフロードサービスタニグチが展示したJB64アウトドアVer.。タニグチ製のフロントバンパーに加えショウワガレージのアルミルーフラックを装備した。《PHOTO:土田康弘》
  • シエラのシートをデニム素材で彩る内装パーツを提案したM.I.C。《PHOTO:土田康弘》
  • シエラのシートをデニム素材で彩る内装パーツを提案したM.I.C。《PHOTO:土田康弘》
  • リバティーウォークが展示したLB☆nation G-mini。Gを思わせるフルコンプリートカーとして用意された。《PHOTO:土田康弘》
  • リバティーウォークが展示したLB☆nation G-mini。Gを思わせるフルコンプリートカーとして用意された。《PHOTO:土田康弘》
  • リバティーウォークのボディキットを使ってGクラス風に仕上げたスフィアライトのシエラ。《PHOTO:土田康弘》
  • リバティーウォークのボディキットを使ってGクラス風に仕上げたスフィアライトのシエラ。《PHOTO:土田康弘》
  • AERO OVERのジムニーはAERO OVER G62ボディキットを用いてGクラス風のデザインを再現する。《PHOTO:土田康弘》
  • AERO OVERのジムニーはAERO OVER G62ボディキットを用いてGクラス風のデザインを再現する。《PHOTO:土田康弘》
  • 旧型ジムニー(JB23)をベースにしてCLS UPのフロントバンパーなどを組み込んだCLS。グリル形状も印象的。《PHOTO:土田康弘》
  • 旧型ジムニー(JB23)をベースにしてCLS UPのフロントバンパーなどを組み込んだCLS。グリル形状も印象的。《PHOTO:土田康弘》
  • スズキもメーカーとしてSIERRA MARINE STYLEを展示。ロッドケースなどを備えたアウトドア仕様を提案した。《PHOTO:土田康弘》
  • スズキもメーカーとしてSIERRA MARINE STYLEを展示。ロッドケースなどを備えたアウトドア仕様を提案した。《PHOTO:土田康弘》
  • 実はこのクルマはパジェロミニをベースにしたリアルスピードが手がけたカスタム車両。角目4灯などを備えたデザインが個性的。《PHOTO:土田康弘》
  • 実はこのクルマはパジェロミニをベースにしたリアルスピードが手がけたカスタム車両。角目4灯などを備えたデザインが個性的。《PHOTO:土田康弘》
  • オートルピーズが製作したGood old jimny。クラシック22スタイルグリルや22用のルーフキャリアを現行ジムニーに装着。《PHOTO:土田康弘》
  • オートルピーズが製作したGood old jimny。クラシック22スタイルグリルや22用のルーフキャリアを現行ジムニーに装着。《PHOTO:土田康弘》
  • スズキコンプリートが出展したシエラ。ウインチ付きのアイアンバンパーやヴィンテージグリルを装備。カラーリングもレトロ。《PHOTO:土田康弘》
  • スズキコンプリートが出展したシエラ。ウインチ付きのアイアンバンパーやヴィンテージグリルを装備。カラーリングもレトロ。《PHOTO:土田康弘》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ