【ノスタルジック2デイズ2020】クラシックモーターショー…前の東京オリンピックの頃に走っていた車なんかも

モータースポーツ レスポンス

日本最大級のクラシックモーターショー「ノスタルジック2デイズ」が今年も開催された。(2月22〜23日、パシフィコ横浜。主催:芸文社)

今回で12回目を数えるノスタルジック2デイズ。オリンピックイヤーの今年は前回の東京オリンピックが開催された1964年にフォーカスした特別企画展をはじめ、『サーキットの狼』の主人公・風吹裕矢仕様のロータス『ヨーロッパ』や、本格的なモータリゼーションを前に国産の自動車産業の黎明期のモデル、富士自動車『フジキャビン』、住江製作所『フライングフェザー』、トヨタ『2000GTボンドカー』などの特別展示車はじめ、往年の名車の数々が多数会場に並んだ。

また100周年を迎えたマツダ、旧車としても人気の『スカイラインGT-R』のパーツの供給もスタートしたNISMOのブースなども登場。単なる中古車マーケットの一角ではなく、日本のクルマ作りのこれまでも様々な角度から懐かしみ、振り返ることのできる内容になっていた。

また、話題のEスポーツの体験ができるブースも。レーシングヒーローブースにはランチア『ストラトス』のレプリカ、リスターベル『STR』とコラボレーション。ストラトスはじめ、往年の名車でさまざまなコースをドライビングできる体験ができるコンテンツも展開。幅広い年齢層から好評を博していた。

その他、これを目当てにしている来場者も少なくないスワップミートなど物販のコーナーや、旧車系のショップが持ち込んだ希少車も多数並び、早くも売約済みの札が掲げられているクルマなどもあり、盛り上がりを見せていた。

  • 中込健太郎
  • コロナウイルスの蔓延で、各イベントが中止されるなか、開場時間には長蛇の列ができていた。《撮影 中込健太郎》
  • 生沢徹がドライブするスカイラインが、式場壮吉の駆るポルシェを抜いたのも、1964年のこと。そおシーンが再現されていた。《撮影 中込健太郎》
  • 2020年1月に亡くなった砂子義一さんん。レジェンドドライバーはこれまで11回毎回ノスタルジック2デイズの会場に駆けつけてくれていた方でもある。レジェンドドライバーの訃報を悲しむ来場者は多い。《撮影 中込健太郎》
  • 比較的会場周辺の人出自体が少なめな中、今年も盛況を博していたノスタルジック2デイズ。《撮影 中込健太郎》
  • ステージプログラムも多数。選ばれし10台で紹介されるスカイライン2000GT-A。《撮影 中込健太郎》
  • ワクイミュージアムではステアリングの革巻き工程の実演を会場で行っていた。細やかな手作業は日本人には得意とするところであり、素材の革の見立ても、オリジナルに勝るとも劣らない厳格なものだ。《撮影 中込健太郎》
  • ワクイミュージアムビスポークとして、リフレッシュしたシルバーシャドウ系モデルを紹介している。常にバックオーダーを抱える人気なのだそうだ。自動車史の中でもエポックメイキングな技術がふんだんに盛り込まれたクルマを現代でも日常の足として使えるレベルに。高いレストア技術が紹介されていた。《撮影 中込健太郎》
  • レストアしたシルバーシャドウ。ドアに最初に扱ったディーラーの銘板が貼ってあったので、それも復元したという。《撮影 中込健太郎》
  • ワクイミュージアムで復元途中のコーニッシュクーペ。メカニズムの一つ一つが、先進的で、モダンだ。《撮影 中込健太郎》
  • リプロダクトのバンパーを装着したR32 GT-R。オーナーにとっては心強い存在だ。《撮影 中込健太郎》
  • これも注目の的の一台。綺麗なボルボP1800、クラシカ横濱ブースにて。会場で販売されていた。《撮影 中込健太郎》
  • リスターベルSTRはEスポーツとコラボレーション。往年の名車を今できる形で実現したSTRと、誰でも気軽にドライビング体験で白熱できるEスポーツには相通じるところがある。《撮影 中込健太郎》
  • オリジナル度の高い初代シルビアは、当時このクルマのボディを制作していた殿内製作所の流れを組む日本旧車協会のブース。《撮影 中込健太郎》
  • 日本旧車協会では、もっと旧車オーナーなど、趣味のクルマに寄りそい、そういう声を上げてコミュニケーションを密にして行ける存在になりたいと、ブースで呼びかけていた。《撮影 中込健太郎》
  • クルマ関連の書籍などが多数並ぶ蔦屋書店のコーナー。《撮影 中込健太郎》
  • 蔦屋書店の一角に並ぶミニカーもまた興味深い顔ぶれがそろう。《撮影 中込健太郎》
  • 2000GTボンドカー。これは子供たちからの注目されていた。《撮影 中込健太郎》
  • ビンテージカーヨシノには、ヨタハチを挟んだ2000GTはじめ、国産の旧車スポーツカーが多数紹介されていた。《撮影 中込健太郎》
  • 黎明期の軽自動車3台。フジキャビン、フライングフェザー、スバル360.このイベントならではの顔ぶれだろう。《撮影 中込健太郎》
  • フライングフェザーはオープントップになる。これも重心を少しでも下げるためという目的があったようだ。コンパクトなボディで最小限の移動手段を。むしろ今求められているモビリティの姿がここにある。《撮影 中込健太郎》
  • フライングフェザーはV型二気筒エンジンを搭載。プロトタイプでは短気筒エンジンを積んでいたそうだ。シンプルで軽いクルマを目指していたというこのクルマだが、エンジニアの志を随所に感じることができる。《撮影 中込健太郎》
  • フジキャビンの室内。狭い車幅で腕が当たるため、左右で着座位置が前後にずらされて配置される。《撮影 中込健太郎》
  • ノスタルジックヒーローで連載されている「レトロ自販機の旅」のコーナーも。《撮影 中込健太郎》
  • レトロ自販機で販売されるハンバーガーも限定販売された。肉厚でジューシーなハンバーガーは今も自販機で買えるのだ。《撮影 中込健太郎》
  • レトロ自販機の旅人小林由季さんと愛車のシャンテ。通勤のアシなのだそうだ。《撮影 中込健太郎》
  • 東京オリンピック「1964年」をテーマにした特別企画も…ノスタルジック2デイズ2020開催《撮影 中込健太郎》
  • 初代プレジデント。当時もっとも高性能な国産車の一台だ。《撮影 中込健太郎》
  • オリジナル度を保った三菱ミラージュ。イエローの外装と併せて懐かしい。《撮影 中込健太郎》
  • ミニカントリーマンながら、メカニズムは最終のローバーミニのものにアップデートされている。旧車を普段使いに。これはノスタルジック2デイズに来るような人なら誰しも憧れることではないだろうか。《撮影 中込健太郎》
  • 搬入日の光景。軽量なクルマほど移送には気を使うものだ。《撮影 中込健太郎》
  • 自走で、手押しで。貴重なクルマが一台一台搬入されていた。《撮影 中込健太郎》
  • サーキットの狼の作者池沢早人師さんのトークショーに合わせて、主人公風吹裕矢の愛車を模したロータスヨーロッパSPも特別展示された。《撮影 中込健太郎》
  • マツダは創立100周年の今年、レストアプロジェクトの最後に、この三輪トラックを仕上げており、間も無く最終完成を迎える。単に絶版車の復元ではなく、かつてどうしてこういうクルマを作ったか、志を学び、気づきを得ることが本質、とマツダ広報では話す。《撮影 中込健太郎》
  • マツダの展示。綺麗なレストア車もさることながら、その過程での気づきや学びがまとめられており興味深かった。過去のクルマに学び、先輩の志やチャレンジをあきらめない。クルマづくりで受け継いでいきたいことがそこにはあるという。《撮影 中込健太郎》
  • レーシングヒーローブースでのデモンストレーション。プロもトレーニングに使うマシンでの「走り」の体験。これもクルマの楽しみ方の一つだ。《撮影 中込健太郎》
  • 東京オリンピック「1964年」をテーマにした特別企画も…ノスタルジック2デイズ2020開催《撮影 中込健太郎》
  • ウェストファリアのキャンピングカー。こちらも販売中。クラシックカーでキャンピングカー。まさに今最先端を行く趣味車の一台といえるのではないだろうか。《撮影 中込健太郎》
  • 搬入日。自走できるクルマが列をなして待つ光景も迫力だ。《撮影 中込健太郎》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ