カストロール、HV専用トランスミッションフルードを発売…スムースドライブ テクノロジー採用

業界 レスポンス

BPカストロールは、ハイブリッド車専用のトランスミッションフルード「TRANSMAXハイブリッド」を3月23日に発売した。

一般的にハイブリッド車は、発進時などにエンジンとモーターが同時に作動するため優れた加速力を発揮するが、トランスミッションへの負荷は従来型の乗用車に比べ大きくなる。さらにモーターを冷却するため、ハイブリッド車用トランスミッションフルードには、電気部品との相性の良さ、優れた酸化防止性や冷却性能などが求められる。

TRANSMAXハイブリッドは、「スムースドライブ テクノロジー」を採用したハイブリッド車専用トランスミッションフルードだ。独自の技術により、ハイブリッド車トランスミッションに重要な冷却性、電気絶縁性、フリクション持続性、耐銅腐食性、耐摩耗性、耐焼付き性、酸化防止性で優れた性能を発揮。基幹部品や電気部品の保護と快適なドライブをサポートする。

トヨタ THS-II、ホンダ i-DCD/i-MMD、日産 CVT8-HV、マツダ THS-IIなど、レクサス/クラウン、NSX、スバル車など一部車種を除くほぼ全ての国産ハイブリッド車に適合する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ