三菱 パジェロ がPHEVで復活へ…デザインは「コンセプトGC」継承か

新車 レスポンス

三菱自動車が世界に誇る本格SUV、『パジェロ』次期型に関する情報を入手した。それを元に、スクープサイト「Spyder7」は予想CGを製作した。

パジェロは、1982年に『フォルテ』をベースに初代が誕生。翌年1983年には5ナンバー専用モデル、1986年には4ドアミッドルーフなど追加モデルを投入した。1985年にはパリダカで初優勝、同レースではライバルのプジョー、シトロエンとしのぎを削り、2001年から7連覇の偉業を達成するなど、その名を世界に知らしめた。

1999年には3代目、2006年には4代目が発売されたが、大規模なモデルチェンジをすることなく、2019年「パジェロ ファイナルエディション」を最後に惜しまれつつも日本国内モデルが生産終了。現在は海外専売となっている。

しかし、RVブームを牽引してきたパジェロにコアなファンはいまだ多く、復活を望む声に押されるように、いよいよビッグネームが復活する時が来たようだ。

予想される次期型のエクステリアは、2013年に初公開されたプラグインハイブリッド「コンセプトGC」のデザインが継承される可能性ある。フロントマスクは「ダイナミックシールド」デザインを取り入れ、細くシャープなヘッドライトを装備。グリルは押し出し感を強調する3本の極太バーを配置する。

Cピラーにかかるウインドウは視認性を確保するため大型化され、リヤは従来のパジェロデザインを踏襲する箱型デザインとなる。サイドキャラクターラインも三菱車の流れを汲むカギ型デザインが採用されるだろう。リヤコンビライトは後方からの確認性アップを目指した縦型デザインに変更され、かなりアグレッシブで迫力感がアップされそうだ。

また最新世代のラダーフレームを採用し、全長はほぼ同じながらホイールベースを延長。居住空間や剛性の向上がなされるだろう。

パワートレインの目玉は『アウトランダーPHEV』と共有するプラグインハイブリッドで、2.4リットル直列4気筒エンジン+ツイン電気モーターと予想。EV走行での航続はアウトランダーPHEVの65kmをしのぐ75km程度が期待できそうだ。

ワールドプレミアは、最速で2021年内、あるいは2022年前半と予想される。

  • Spyder7編集部
  • 三菱コンセプト GC-PHEV(2015年)《三菱自動車》
  • 三菱コンセプト GC-PHEV(2015年)《三菱自動車》
  • 三菱 パジェロ ファイナルエディション(2019年4月)《三菱自動車》
  • 三菱 パジェロ《三菱自動車》
  • 三菱 パジェロ《三菱自動車》
  • 1985年 パリダカールラリーで総合優勝したパジェロ《三菱自動車》
  • 1998年:総合優勝
  • 三菱ショーグン(パジェロ)の最終モデルと初代三菱 ショーグン《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 パジェロ ロング(2006年10月)《三菱自動車》
  • 三菱 パジェロ ロング(2006年10月)《三菱自動車》
  • 三菱 パジェロ ショート(2006年10月)《三菱自動車》
  • 三菱 パジェロ ロング(2006年10月)《三菱自動車》
  • 三菱 パジェロ ファイナルエディション(2019年4月)《三菱自動車》
  • 三菱 パジェロ ロング(1999年9月)《三菱自動車》
  • 三菱 パジェロ ロング(1999年9月)《三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ