輸入小型二輪は4年ぶりのプラス、トライアンフなど好調 2019年度

モーターサイクル レスポンス

日本自動車輸入組合(JAIA)は4月6日、2019年度(2019年4月〜2020年3月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年度比1.1%増の2万0824台で、微増ながら4年ぶりのプラスとなった。

ブランド別では、ハーレーダビッドソンが1位を維持したものの同0.5%減の8747台で4年連続のマイナス。シェアも同0.7ポイントダウンの42.0%まで落ち込んだ。2位BMWも同0.9%減の5059台で2年連続のマイナス。シェアは同0.5ポイントダウンの24.3%となった。

しかし、3位トライアンフは同9.9%増の1967台で2年ぶりのプラス。4位ドゥカティは同7.2%減の1832台で2年ぶりのマイナスとなったが、5位KTMが同4.9%増の1587台、6位ハスクバーナも同61.4%増の502台と好調なセールスを記録した。

以下、7位BRPは同54.6%増317台、8位モトグッツィは同31.5%増の309台、9位MVアグスタは同21.1%減の210台、10位ピアッジオは同15.5%増の149台だった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トライアンフ・ストリートトリプルS《写真 トライアンフモーターサイクルズジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ