スマート世界販売、EVへの切り替えに伴い減少 2020年第1四半期

エコカー レスポンス

メルセデスベンツ傘下のスマート(Smart)は4月8日、2020年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は5863台。前年同期比は78.3%減だった。

新車販売が大きく落ち込んだのは、スマートの新戦略の影響だ。スマートは、2020年から順次、全モデルを電動化する計画で、まずは欧州と米国で、ガソリンエンジン搭載車の導入を終了し、EVに一本化。その後、全世界へ、この戦略を拡大していく。

スマートによると、2020年第1四半期は、ガソリンエンジン搭載モデルの段階的廃止と、EVへの切り替えが、販売台数に大きな影響を与えたという。

スマートの2019年の世界新車販売台数は、11万6781台。前年比は9.3%減と、3年連続で減少している。

  • 森脇稔
  • スマート EQ フォーツー・カブリオ 改良新型《photo by Smart》
  • スマート EQ フォーフォー 改良新型《photo by Smart》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ