Appleマップによるモビリティデータを自治体などに提供へ 新型コロナ対策

業界 レスポンス

Appleは4月14日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を防止する世界各地での活動を支援するため、Appleマップによるモビリティデータを利用できるツールを提供すると発表した。

モビリティデータは、人がコミュニティ内で徒歩や自動車、公共交通機関を利用して移動する量の変化を表示するもので、自治体や保健当局が新たな公共政策の基盤として利用してもらう。

Appleマップでは、プライバシーに配慮してモビリティデータとユーザーのApple IDとを関連付けず、Appleはユーザーの移動先に関する履歴も保存しない。新しいウェブサイトでは、Appleマップの使用状況を集計したデータを利用し、主要都市と63の国・地域の移動傾向を表示する。

Appleマップで経路が検索された回数と収集されたデータとを比較することで、徒歩、自動車、公共交通機関での人の移動量の変化として世界各地のデータに反映される。利用可能な都市、国、地域は、1日あたりの経路の検索回数の下限など、いくつかの要因に応じて決まるとしている。

  • レスポンス編集部
  • 4月14日、東京《photo (c) Getty Images》
  • 4月11日、東京《photo (c) Getty Images》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ