輸入小型二輪販売は新型コロナの影響なし、9.5%増の2066台 4月実績

モーターサイクル レスポンス

日本自動車輸入組合(JAIA)は5月11日、2020年4月の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同月比9.5%増の2066台で2か月連続のプラスとなった。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で四輪車の販売が落ち込んでいるが、輸入小型二輪車は好調な販売を記録している。

ブランド別では、シェアトップのハーレーダビッドソンが同4.0%増の829台でシェアは同2.1ポイントダウンの40.1%。2位BMWは同10.8%増の453台でシェアは同0.2ポイントアップの21.9%。ともに販売台数は2か月連続のプラスとなった。

3位トライアンフは同18.2%増の221台で2か月連続プラス。4位KTMは同25.5%増の207台で2か月ぶりのプラス、5位ドゥカティは同0.6%減の163台で2か月ぶりのマイナスとなった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • BMW F900XR《写真 BMW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ