【鈴鹿8耐】出場資格獲得65チームが決定…トライアウト中止で委員会が選考

モーターサイクル レスポンス

モビリティランドと鈴鹿サーキットは5月17日、2020年の鈴鹿8耐の出場権を獲得した32チームを発表した。出場権を獲得するためのレースが新型コロナウイルス感染症の流行で中止されたため、選考委員会が選出した。

鈴鹿サーキットでは10月30日〜11月1日に、鈴鹿8耐=「2019-2020 FIM世界耐久選手権最終戦 “コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」を開催する。2020年の鈴鹿8耐は当初7月16〜19日の日程で開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症の流行により延期されている。

すでにEWC年間契約として出場権のある18チーム、昨2019年の鈴鹿8耐の成績によって出場権を獲得した6チーム、セパン8時間耐久レースの成績によって出場権を獲得した9チームがある。

鈴鹿8耐に参戦する権利を獲得するには、セパン8耐のような「トライアウト」と呼ばれるレースに参戦する必要があった。こちらも新型コロナウイルス感染症の流行により、3戦が予定されていたトライアウトのうち2戦が中止となったため、選考方法が変更されたもの。選考委員会がチーム、ライダーの過去の実績などを基に総合的に勘案し、決定されることになった。

合計65チームで2020年の鈴鹿8耐は競われる予定で、暫定エントリーリストが9月17日頃に発表予定だ。

  • 高木啓
  • 2019年鈴鹿8耐《写真 モビリティランド》
  • 2019年鈴鹿8耐《写真 モビリティランド》
  • 2019年鈴鹿8耐《写真 モビリティランド》
  • 2019年鈴鹿8耐《写真 モビリティランド》
  • 出場資格獲得65チーム《資料 モビリティランド》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ