GM、次世代EV向けバッテリーの工場を建設開始… ハマー EV などに搭載へ

エコカー レスポンス

GM(General Motors)は5月19日、GMCブランドの『ハマーEV』など、次世代EVに搭載するバッテリーの工場の建設を開始した、と発表した。

この工場は、GMとLG Chemの合弁会社、ウルティウム・セル社の工場となる。合弁工場は、米国オハイオ州ロードスタウンにおいて、建設工事に着手した。

合弁工場で生産されるバッテリーは、GMの次世代EVに搭載される予定だ。GMの次世代EVは、GMの次世代グローバルEVプラットフォームをベースに開発されており、GMCブランドのハマーEVをはじめ、キャデラック『リリック』、自動運転車のクルーズ『オリジン』などがある。

およそ10年ぶりの復活となるハマーは、GMCブランドの電動ピックアップトラックとして登場する。ハマーEVには、最大出力1000hp、最大トルク1590kgmというパワフルなモーターを搭載する。0〜96km/h加速は3秒の性能を備えているという。なお、生産はGMの米国ミシガン州デトロイトのハムトラミック工場で行う。

GMは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の中でも、将来のEVや自動運転車の開発を進めてきた、としている。

  • 森脇稔
  • GMC ハマー EVのティザーイメージ《photo by GMC》
  • GMの次世代グローバルEVプラットフォーム《photo by GM》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ