いすゞは通期業績見通しを公表---2021年3月期、営業利益500億円

業界 レスポンス

いすゞ自動車は5月26日、2021年3月期通期の売上高が前年同期比18%減の1兆7000億円、営業利益が同64%減の500億円との見通しを発表した。

上場している日系自動車メーカーで、決算が未発表の日産自動車を除いて、今期の業績見通しを公表したのはトヨタ自動車といすゞだけ。

いすゞでは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大規模や、収束の時期、第2波など、先行きは不透明だが現段階での各国市場情報から回復が見込まれる時期を想定して需要を予測、決算発表を遅らせたこともあって「日本の商用車業界のリーダーとして」業績見通しを公表した。

国内トラック市場は、2020年7月から9月を底とし、海外トラック・ピックアップトラック市場は2020年4月から6月を底とし、それぞれ徐々に回復し、年度末にかけて前年度10%減程度にまで回復すると見込む。新型コロナウイルス感染症拡大前から減速していたタイピックアップトラック市場は、2020年7月から9月を底とし、年度末に向けて前期並みの水準までに回復すると見込む。

営業利益で、原価低減などで80億円、費用逓減で114億円の増益効果を見込むが、新車販売減と構成差で1000億円、為替変動で100億円の減益効果を見込む。

経常利益と当期利益は合理的に算定することが困難なため、未定としている。

  • レスポンス編集部
  • いすゞ本社《写真AC》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ