デンソー、安城製作所内に電動開発センターを開設…先行開発から量産までを一気通貫

業界 レスポンス

デンソーは6月5日、自動車の電動化領域の開発、生産体制を強化するため、安城製作所内に「電動開発センター」を開設した。

デンソーは、将来のモビリティ社会の実現に向けた注力分野として、電動化領域の技術開発に取り組んでおり、これまで、ハイブリッド車向けのインバーターやモータージェネレーター、マイルドハイブリッド用の電池パックなど、電動化車両のキーコンポーネントを開発・生産してきた。また、電動化領域の開発環境の整備の一環として、広瀬製作所(愛知県豊田市)の開所、海外拠点の拡充を進めてきた。

今回開設した電動開発センターでは、先行・量産開発、車両やシステムの試験などを行う開発棟、信頼性試験を行う耐久棟、開発した製品の走行試験を行う屋外試験路、量産ラインの立上げを行うための工場を機能的に配置。生産人員に加えて、開発・設計人員も集結し、先行開発から試作、実証、量産ラインの立ち上げ・安定化までを一貫して行うことで、電動化領域の製品開発を加速する。また、新しく増設した工場では、将来の工場内からのCO2排出ゼロを目指し、省エネ技術の実証も行う。

デンソーは、安城製作所と広瀬製作所を電動化領域のグローバルマザーとし、電動化製品のグローバルな供給体制を構築。また、環境に配慮した工場で生産する電動化製品を世界各地域へ幅広く普及させることで、CO2排出量を削減し、持続可能な社会の実現に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 開所式の様子《画像:デンソー》
  • 開所式の様子《画像:デンソー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ