いすゞ、路線バス エルガ/エルガミオを改良…全車型で平成27年度重量車燃費基準を達成

新車 レスポンス

いすゞ自動車は、大型路線バス『エルガ』および中型路線バス『エルガミオ』を改良し、6月11日より販売を開始した。

エンジン再始動時にISS(アイドリングストップ&スタートシステム)が有効な設定になるモメンタリースイッチ採用により、燃費性能が向上。新たに、車両総重量14トン超AT車で平成27年度燃費基準+10%、14トン以下AT車で同基準を達成。これにより、車両総重量14トン超AMT車での同基準+15%をはじめ、全車型で燃費基準を達成した。

エルガミオは、さまざまな日本の道路事情に適応するため、AT車を新しく追加設定した。また、中扉が開いている際のクリープ状態を完全になくすため、動力伝達カット機能を採用。ギアが自動的にニュートラルに切り替わり動力の伝達を遮断し、乗降時の安全性に貢献する。予後診断機能は、トランスミッション本体やオイル、フィルターの状態を監視し、さまざまな警報や最適な交換時期をインジケータに表示。不測の故障を抑制する。

価格はエルガ(2TG-LV290N3)、ノンステップ都市型中乗り、240psエンジン/6速AMTが2758万3600円。エルガミオ(2KG-LR290J4)は、ノンステップ都市型中乗り、210psエンジン/6速ATが2436万3900円。

このほか、いすゞでは新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大防止に向けた取り組みとして、運転席の飛沫感染防止対策商品を発売。運転席と座席の間に仕切りを設置することで、飛沫感染を抑制する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 運転席の飛沫感染防止対策商品《画像:いすゞ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ