燃費性能、改訂WLTCモードを国内に導入へ…超小型EVに適した走行モードなど

社会 レスポンス

国土交通省は6月30日、国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)第178回会合で採択された排出ガス・燃費性能の評価方法(WLTCモード法)の改訂を国内に導入するため、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を改正したと発表した。

WLTCモードは市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。乗用車等の排出ガス・燃費試験法として2016年10月にWLTCモード法を国内導入した、今回、2019年6月のWP29第178回会合でWLTCモード法の改訂が採択された。

これを踏まえ、日本でも改定後のWLTCモード法による排出ガス・燃費性能の評価を実施するため、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示などを改正した。

改正では、超小型モビリティのように最高速度が制限された電気自動車について車両に適した走行モードを規定した。シャシダイナモメータ上で試験走行を行ったときの実際の車速と目標車速との乖離を表す指標について、より正確に走行モードに追従するよう許容幅の要件を規定した。

新型車については2021年10月1日から適用される。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ