コンチネンタル、後付け「ターンアシスト」を欧州で発売…トラックの死角を検出

テクノロジー レスポンス

コンチネンタル(Continental)は6月30日、トラックに簡単に後付けできる「ターンアシストシステム」を欧州市場で発売すると発表した。歩行者や自転車を検出して、衝突を回避するレーダーベースの安全システムだ。

コンチネンタルのターンアシストシステムは、トラックの死角に歩行者や自転車、スクーターを検出した場合、すぐにドライバーに警告を発する先進運転支援システム(ADAS)だ。

欧州では新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響で、公共交通機関を利用せず、自転車に乗る人が増えている。コンチネンタルによると、脆弱な道路利用者の安全性を高めることは、重要な社会的責任という。コンチネンタルは2024年までに、このようなシステムが欧州のすべての新車のトラックに義務化されると見込む。

現在、ドイツで登録されているトラックは300万台を超えている。このテクノロジーは、トラックに簡単に取り付けることができる。後付けのターンアシストシステムは、バックミラーの下に取り付けるように設計されているため、装着が簡単という。

レーダーセンサーシステムは、バックミラーに設置される。これにより、車両の側面から最大4m、車両の後方から最大14mの範囲をモニターできる、としている。

  • 森脇稔
  • コンチネンタルの後付け「ターンアシストシステム」《photo by Continental》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ