ボルボカーズの自動運転ソフト開発部門、新体制発足…高速道路での完全自動運転実現へ

業界 レスポンス

ボルボカーズ(Volvo Cars)は7月2日、自動運転ソフトウェア開発部門のゼヌイティ(Zenuity)の新体制が発足した、と発表した。

ゼヌイティは、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転向けソフトウェア開発企業として、2017年4月に設立された。オートリブとボルボカーズが、50%ずつ出資して設立されたジョイントベンチャーだ。スウェーデンのイェーテボリに本社を構え、米国のデトロイトとドイツのミュンヘンでも事業を展開している。

ボルボカーズは、このゼヌイティを新体制とし、自動運転技術の開発を加速する。今回、発足した新体制では、ゼヌイティが2つに分割された。そのひとつは、自動運転ソフトウェアの開発と商品化に焦点を当てた新しい独立型企業で、ボルボカーズが所有する。

もうひとつは、高度な運転支援システムの継続的な開発と商品化に焦点を当てて、自動車安全システムを手がけるヴィオニア(Veoneer、オートリブのエレクトロニクス部門の別会社)に組み込まれた。

なお、ボルボカーズの一部となったゼヌイティは、ボルボカーズの「SPA2」アーキテクチャに基づく次世代車に搭載する自動運転ソフトウェアの開発を推進する。当面は、高速道路での完全自動運転の実現を目指していく。

  • 森脇稔
  • ボルボカーズの自動運転車の量産モデル。ボルボXC90がベース《photo by Volvo Cars》
  • ボルボカーズの次世代車に組み込まれるルミナーのライダー(LiDAR)《photo by Volvo Cars》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ