ジャガー・ランドローバー、電動車を含めたサブスクリプションを欧州導入…MaaS重視

エコカー レスポンス

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は7月2日、電動車を含めたサブスクリプションサービス、「Pivotal」を欧州市場で導入すると発表した。

自動車のサブスクリプションは、2025年までに欧米市場における売上高の10%、約1600万台に成長すると予測されている。Pivotalは、好みのジャガーとランドローバー車にオールインクルーシブで自由に乗り換えできるプレミアムなサブスクリプションサービスを提供する。

Pivotalでは、ジャガーとランドローバー車の最新の電動モデルを用意している。例えば、ジャガーはEVの『I-PACE』、ランドローバーではプラグインハイブリッド車(PHV)の『ディスカバリースポーツ』と『レンジローバーイヴォーク』が選択できる。

この他、ランドローバー『ディスカバリー』、『レンジローバースポーツ』、新型ランドローバー『ディフェンダー』、ジャガー『F-PACE』を選択することもできる。このサービスにより、顧客は6か月ごとに車両を乗り換え、仕事や家族の成長など、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるという。

この新しいサービスは、毎月1回の支払いで、車両のレンタル費用、保険、税金、サービス、修理代がカバーされる。ジャガー・ランドローバーは、Pivotalは「サービスとしてのモビリティ(MaaS)」を重視する表れのひとつであり、MaaS市場は2027年までに520億ドルを超えると予測される、としている。

  • 森脇稔
  • ランドローバー・レンジローバー・イヴォーク のPHV《photo by Land Rover》
  • ランドローバー・ディスカバリー・スポーツのPHV《photo by Land Rover》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ