三菱自動車の米国販売、7年ぶりのマイナス 2020年上半期

業界 レスポンス

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門の三菱モータースノースアメリカは、2020年上半期(1〜6月)の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は4万7760台。前年同期比は33%減と、2013年以来、7年ぶりに前年実績を下回った。

SUVでは、ブランドの最量販モデルの『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』に相当)が上半期、1万6785台にとどまった。前年同期比は10.6%減と、2年連続のマイナスだ。クロスオーバー車の『エクリプスクロス』は上半期、前年同期比49.6%減の6346台を販売する。

『アウトランダー』は上半期、1万5544台を販売し、前年同期比は39.3%減と、マイナスに転じた。『アウトランダーPHEV』は、49.4%減の632台を販売した。

コンパクトカーの『ミラージュ』は8453台。前年同期比は34.5%減と、3年連続のマイナスだった。

三菱自動車の2019年の米国新車販売台数は、12万1046台。前年比は2.5%増と、7年連続で前年実績を上回っている。

  • 森脇稔
  • 三菱 アウトランダー(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱エクリプスクロス(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱アウトランダーPHEV(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ミラージュ (北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ