輸入小型二輪車販売、ハーレーは4年連続マイナスでシェア4割を切る 2020年上半期

モーターサイクル レスポンス

日本自動車輸入組合(JAIA)は7月6日、2020年上半期(1〜6月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同期比0.5%増の9797台で、4年ぶりのプラスとなった。

シェアトップのハーレーダビッドソンは同3.7%減の3858台で4年連続のマイナスだった。シェアも39.4%で1.7ポイントダウン。2010年の統計開始以来、初めて4割を切った。

2位のBMWは同4.7%増の2468台で2年ぶりのプラス、3位トライアンフは同9.7%増の1177台で2年連続のプラス。KTMは同13.0%増の780台で2年ぶりのプラスとなり、4位に浮上。ドゥカティは同27.8%減の650台で2年ぶりのマイナスとなり、5位に転落した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • BMW S1000XR《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ