メルセデスベンツ Vクラス、安全運転支援システムと対話型インフォテインメントを標準装備

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本はプレミアムミニバン『Vクラス』を一部改良、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」と対話型インフォテインメントシステムMBUXを標準装備とし、7月13日より発売する。

レーダーセーフティパッケージは、レーダーで先行車を検知することで追突のリスクを低減する「アクティブブレーキアシスト」、最適な車間距離を自動で維持するとともに先行車が停止した場合は減速して停止する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」などで、安全・快適なドライビングをサポート。ドアミラーの死角範囲をレーダーでモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」、車線逸脱をステアリングの微振動で警告する「レーンキーピングアシスト」、危険を察知した際に安全装備の効果を最大限に高める「プレ-セーフ」なども含む。

MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)は、ダッシュボード中央に10.25インチのワイドスクリーンと、自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステムだ。ボイスコントロールは「ハイ、メルセデス」をキーワードとして起動。音声認識機能は目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げといったインフォテインメント機能に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応する。

価格は781万円から831万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ