JVCケンウッド、SUPER GT GT300クラス参戦の「ARTA」に協賛

モータースポーツ レスポンス

JVCケンウッドは7月15日、KENWOODブランドのプレゼンスの向上を目的として、ツーリングカー(市販車改造車)による国内最高峰のレース、SUPER GT 2020シリーズ GT300クラスに参戦するARTAに協賛すると発表した。

ARTAは、1997年に元レーシングドライバーの鈴木亜久里氏とオートバックスセブンが、「世界に通用する日本人ドライバーの育成」をスローガンに立ち上げたドライバー育成プロジェクト。レーシングチームとしては、SUPER GTに参戦する国内のトップチームとなる。2019シリーズではGT300クラスのチームチャンピオンとドライバーズチャンピオンの両タイトルを獲得し、2020年シーズンでも同様の活躍が期待されている。

市販車ベースのレースであるSUPER GTは、ケンウッドが展開するアフターマーケット向けのカーナビゲーションやカーオーディオ、ドライブレコーダーといった車載用機器と親和性が高いことから、間もなく開幕するSUPER GT 2020シリーズ GT300クラスに参戦するARTAをサポートしていく。

SUPER GT 2020シリーズは、7月18日〜19日に富士スピードウェイで開幕。同じく富士スピードウェイでの最終戦(11月28日〜29日)まで全8戦が行われる予定だ。同社はARTAに協賛し、レーシングカーやレーシングドライバースーツ、メカニックスーツにKENWOODブランドを掲出することで、同ブランドのプレゼンス向上を図っていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ