ダイムラー、メルセデスベンツの偽造部品の写真を公開…強度など安全面で重大リスク

業界 レスポンス

ダイムラー(Daimler)は7月14日、2019年にメルセデスベンツの偽造部品160万点以上が押収された、と発表した。

ダイムラーによると、偽造部品の世界貿易は拡大を続けているという。OECDの推定によれば、偽造品の貿易総額は年間5900億ドルに達し、現在も増加している。中でも、自動車産業への影響は大きい。そのため、ダイムラーは税関当局と緊密に協力し、2019年の1年間だけでも、偽造部品160万点以上が押収された。

偽造部品の多くが、ブレーキ、ホイール、フロントガラスなどの安全に関わるものだ。ダイムラーによると、偽造部品は本物とほとんど変わらないように見えるが、多くの場合、品質は低く、最低限の法的基準さえ満たしておらず、顧客の安全に重大なリスクをもたらすという。

ダイムラーは、一部の偽装部品の写真を公開した。ホイールの写真は、ブラックの正規品に対して、シルバーの偽造品はストレステストの結果、クラックが発生。ブレーキパッドの写真では、正規品と偽造品を同じ条件で比較テストした結果、制動距離に車体1台分以上の違いが出ている。

ダイムラーは、メルセデスベンツと正規ディーラーの純正部品は、顧客に安全を提供する、としている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツのブレーキパッド。左が偽造品で右が正規品。《photo by Daimler》
  • メルセデスベンツのブレーキパッドの比較テスト。上が偽造品で下が正規品。制動距離に車体1台分以上の違い《photo by Daimler》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ