ボッシュが新事業部門、車載ソフトとエレクトロニクスを集約…2021年設立

業界 レスポンス

ボッシュ(Bosch)は7月21日、ソフトウェアとエレクトロニクスを集約する新事業部門を、2021年初頭に設立すると発表した。

現代の自動車は、ソフトウェアとエレクトロニクスによって変化を遂げている。ソフトウェア集約型電子システム市場は、現在から2030年までに、年間約15%成長すると見込まれている。ボッシュはこの市場で主導的地位を強化するため、新事業部の「クロスドメイン コンピューティング ソリューション」を設立する。2021年初頭から、電子システムと必須ソフトウェアはすべて、約1万7000人の従業員を擁する同事業部からワンストップですべての顧客に提供される。

車両システムにおける高度な電気・電子化やソフトウェアの重要性は、急激に増している。その結果、自動車の開発はますます複雑化してきた。新事業部は、事業領域をまたいだソフトウェアとエレクトロニクス向けソリューションを通じて、この複雑さを低減することを目指す。

さらに、新たな車両機能を実装するまでの大幅な期間短縮を図る。ボッシュはこれを実現するために、先進運転支援システム(ADAS)、自動運転、カーマルチメディア、パワートレイン、ボディエレクトロニクスの各分野のソフトウェアエンジニア、電気・電子系エンジニアを、新部門に配属している。

新設のクロスドメイン コンピューティング ソリューション事業部では、将来的には車両コンピューターとコントロールユニットの基盤となるソフトウェア、駐車支援やレーンキープアシストシステムから音楽ストリーミングに至るまでの幅広い車両機能を担うソフトウェアの両方を開発する予定、としている。

  • 森脇稔
  • ボッシュのソフトウェアとエレクトロニクス事業部門《photo by Bosch》
  • ボッシュのソフトウェアとエレクトロニクス事業部門《photo by Bosch》
  • ボッシュのソフトウェアとエレクトロニクス事業部門《photo by Bosch》
  • ボッシュのソフトウェアとエレクトロニクス事業部門《photo by Bosch》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ