中小運輸事業者の運輸安全マネジメント普及促進 国交省が強化へ

社会 レスポンス

国土交通省は7月28日、中小運輸事業者に運輸安全マネジメントの普及促進活動を強化するため、民間のリスクマネジメント会社、運輸関係団体が参画する協議会を7月31日に開催すると発表した。

過去の運輸事業での重大事故の教訓から、各運輸事業者が経営トップのリーダーシップの下、会社が一体となった安全管理体制の構築や安全に関する取り組みが重要なため、陸・海・空の各事業法を改正し、2006年10月に運輸安全マネジメント制度がスタートした。2020年3月末時点で延べ1万1002回の評価を実施し、運輸事業者の安全性向上を図ってきた。

2011年には、運輸安全マネジメント制度導入から5年が経過したことを受けて「運輸の安全確保に関する政策ビジョン」がまとめられたが、今後の課題として、同制度に関する中小事業者の理解が進んでいない点が挙げられた。

今回中小事業者への運輸安全マネジメント制度の普及・啓発を推進するため、民間のリスクマネジメント会社、運輸関係団体、国土交通省が参画する運輸安全マネジメント普及・啓発推進協議会を開催し、中小事業者への普及・啓発活動の推進強化、交通運輸事業者の防災マネジメントの推進について協議する。

  • レスポンス編集部
  • 運輸安全マネジメント普及・啓発推進協議会の概要《画像提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ