ソニー初の自動車『VISION-S』、東京で開発テストへ

テクノロジー レスポンス

ソニー(SONY)は7月27日、最新モビリティ技術を搭載したコンセプトカー、『VISION-S』の新たな映像を公開した。

ソニーは、モビリティにおける安心・安全から、快適さやエンターテインメントなどを追求する取り組みを、新たに「ビジョン エス」として推進している。この取り組みを具現化したのが、2020年1月のCES 2020でワールドプレミアされたコンセプトカーのVISION-Sだ。

同車には、ソニーのイメージングセンシング技術をはじめ、AI(人工知能)や通信、クラウド技術も活用した車載ソフトウェア制御を搭載する。これにより、機能が継続的にアップデートされ、進化し続けるという。

VISION-Sには、車内外の人や物体を検知・認識し、高度な運転支援を実現するために、ソニーの車載向けCMOSイメージセンサーやToFセンサーなど、数種類のセンサーを合計33個搭載する。また、没入感のある立体的な音場を可能にする音楽体験「360 Reality Audio」を、各シートに内蔵されたスピーカーで提供する。

また、フロントシート前方にはパノラミックスクリーンを装備した。直観的操作によって、さまざまなエンターテインメントコンテンツを楽しめるようにしている。

ソニーは今回、VISION-Sの新たな映像を、公式サイトを通じて配信した。CES 2020の終了後、米国ラスベガスからオーストリア・グラーツに輸送され、マグナシュタイア社などのパートナー企業と共同開発に取り組んできたVISION-Sが、東京のソニー本社に戻ってきた際に撮影された映像だ。

ソニーは、センシングやオーディオ技術のさらなる深化に向け、VISION-Sを東京へ搬送した。試作車両は今年度中の公道走行を目指して、開発を進めていく、としている。

  • 森脇稔
  • ソニー VISION-S《photo by SONY》
  • ソニー VISION-S《photo by SONY》
  • ソニー VISION-S《photo by SONY》
  • ソニー VISION-S《photo by SONY》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ