アウディジャパン、初のEV『e-tron スポーツバック』を9月発売へ

新車 レスポンス

アウディジャパンは、ブランド初の電気自動車(EV)『e-tron スポーツバック』を9月17日に発表する。

アウディは、2018年9月にSUVモデル『e-tron』を世界初公開して、電動化攻勢を開始。2025年までに、全世界の主要な市場において20モデル以上のEVを発売して、電動化モデルの販売台数を全体の約40%にすることを目指している。日本市場でのEV導入は、9月17日のe-tron スポーツバックの発表から始まり、『e-tron SUV』がそれに続く。

e-tronはサステイナブル(持続可能)な未来への役割を担うモデルだが、より先進的にCO2削減へコミットできるよう、アウディジャパンは自然電力株式会社と連携して、e-tronオーナーへ定額の割引付きで再生可能エネルギーを提供する。また、ブランド初のEVであるe-tronを導入する準備も順調。正規販売店ネットワークおよびアウディジャパン豊橋PDIセンターの両面で、e-tronの導入と修理メンテナンス体制の構築を推進しており、e-tronの販売と修理が可能な「e-tronディーラー」は、北海道から九州までをカバーする52店舗でスタートする予定(全店舗数は124店舗)だ。

日本仕様のe-tronは、家庭向けの普通AC(交流200V)充電器と、CHAdeMO規格の急速充電器(出力50kWまで)が利用可能。フル充電には50kWの出力で1時間半以上かかるが、通常100%まで最大出力で充電し続けることはできず、バッテリーを保護するためには、セルの温度や充電状態によって充電速度を落とさなくてはならない。e-tronは優れたバッテリー制御と温度管理により、急速充電器の場合でも、満充電に近いレベルまで高速の充電スピードを維持する。またアウディジャパンではe-tronの導入にあわせて、「アウディ チャージングサービス」を提供(1年目のみ月会費の5000円が無料)。全国約7800か所の急速充電器のうち約86%をカバーする「日本充電サービス(NCS)」加入の充電器で利用でき、普通充電を含めると2万1700か所(2020年4月現在)の充電ステーションが利用できる。

また、2018年7月に環境省の環境特別広報大使にも任命された柴咲コウさんがアウディ e-tronサポーターに就任。アウディ ジャパンは柴咲コウさんの協力を得て、e-tron スポーツバックとサステイナビリティをテーマとしたスペシャルコンテンツを配信する予定だ。

さらに発表後の9月18日・19日は、Hi-NODE(東京都港区)にて、日本初の大規模e-tron試乗イベントを開催予定。複数台のe-tron スポーツバックを準備し、試乗をはじめ、来場者が新型車に触れることができるイベントを企画している。アウディジャパンでは、同イベントに招待するキャンペーンを7月30日よりe-tron特設ウェブサイトにて開始している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アウディ e-tron スポーツバック《画像提供 アウディジャパン》
  • アウディ e-tronサポーターに就任する柴咲コウ《画像提供 アウディジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ