ジャガー・ランドローバーが赤字拡大、新型コロナの影響 2020年度4-6月期決算

業界 レスポンス

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は7月31日、2020年度4〜6月期の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は28億5900万ポンド(約3962億円)。前年同期の50億7400万ポンドに対して、43.7%減と3年連続のマイナスとなった。

また、4〜6月期の最終損益は、4億1300万ポンド(約572億円)の赤字。前年同期の3億9500万ポンドの赤字に対して、赤字幅が拡大している。

赤字が拡大したのは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大が要因だ。とくに、本国の英国市場は大きな影響を受け、4〜6月期の新車需要は70.1%減少し、ジャガー・ランドローバーの売上高は69.5%減少した。

ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペッツCEOは、「ロックダウンが緩和されると、最先端の製品ラインナップで新型コロナウイルスの影響から抜け出し、長期的に持続可能な利益を得るための財務的な対策を講じていく」と述べている。

  • 森脇稔
  • ジャガー I-PACE《photo by Jaguar》
  • ランドローバー・レンジローバー・イヴォーク 新型《photo by Land Rover》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ